花郎(ファラン)の3話のあらすじ(ネタバレなし)と感想(ネタバレあり)です。

花郎(ファラン)【3話】のあらすじとネタバレありの感想 ファラン募集の公布に都は大騒ぎ!
ロカスポ 韓国ドラマ時代劇版 レビュー
作品名花郎(ファラン)
ランキング 韓国時代劇 5位
放映日 日本放映日:2017年11月16日~2018年3月29日
韓国放映日:2016年12月19日~2017年2月21日
ロカスポ 韓国ドラマ時代劇版 評価
83
ハラハラ度の星の数
スカッと度の星の数
ドタバタ度
せつなさ度
ラブラブ度
花郎(ファラン)
を見たユーザーの評価
花郎(ファラン)
を見ているユーザーの特徴
花郎(ファラン)
を見たユーザーの評価
未評価
花郎(ファラン)
を見ているユーザーの特徴
未評価
監督ユン・ソンシク
メインキャスト役名(キャスト/吹き替え)
・キム・ソヌ、ムミョン(パク・ソジュン/櫻井孝宏)
・アロ( アラ/ 坂本真綾 )
・キム・ジディ、新羅第24代王・真興(チヌン)王サムメクチョン(パク・ヒョンシク/小野大輔 )
・キム・スホ(チェ・ミンホ/福山潤 )
・パク・パンリュ(ト・ジハン/森宮隆 )
・ソク・ハンソン( キム・テヒョン/本橋大輔 )
・キム・ヨウル( チョ・ユヌ/山口智広)
この話をひとことで話すとしたら・・・
不尽なマンムンの死。怒りに燃えるムミョン
花郎(ファラン) 3話が見れるのはココ!
dTV hulu FOD U-NEXT Amazon
プライム
NET
FLIX
ビデオ
マーケット

花郎(ファラン)【3話】のあらすじ(ネタバレなし)

ファランの公募の公布がなされ都は大騒ぎになった(ここでもパンリュとスホは喧嘩になりw)

貴族たちは「我らの息子を王の親衛隊にする魂胆だな、人質も同然だ」「いや、神国の未来を担う人材を育てようとしているのだ」と論争しあっている。

ヨンシルは太后に「王の許しがなければ安心して息子たちを任せられない」と進言する。

太后は「こいつはサムメクチョンを引っ張り出そうとしているのだな」と思う(腹の探りあいですね)

アロがピチュギのところにツケを払いになってきた。少し足りない分を「割のいい仕事があるのだが」とピチュギが口を滑らせる。それに飛びついたアロ。

アロが頼まれたのはファランにふさわしい貴族の息子たちの調査だった。

そのアロをサムメクチョンがつけていた。そしてムミョンがサムメクチョンをつけていた。

ムミョンはたまたまサムメクチョンとすれ違い、サムメクチョンのブレスレットに気がついたのだ。それはマンムンが殺された時に目撃したブレスレットだった。

次の行き先は木工所、と決めていたアロは木工所に着いたが誰もいない。

その木工所で、ムミョンを自分を追う刺客だと勘違いしたサムメクチョンとマンムンの仇を討とうとするムミョンが切り合いになった。

「なぜ私を狙うのだ?」と尋ねるサムメクチョンに「お前が俺の親友を殺した!」と言うムミョン。サムメクチョンはクミンジャが2人の男を切った時のことを思い出した。

戦いの末結局サムメクチョンに逃げられてしまったムミョン。しかし相手はブレスレットを落としていった(これが手がかりになりますね)

2人の斬り合いに巻き込まれたアロだったが、なんとか難を逃れピチュギの元を訪れるとウィファの所へ連れて行かれた。アロは、貴族の息子たちへの調査について報告をする。

そしてアロが去った後、「彼女が誰か知りたいですか?」とウィファに聞くピチュギ。

そしてアンジの娘だと言うと何故か顔色の変わるウィファ(ここも何か関係があるのでしょうか?)

家に戻ってきたアロだが家の前に誰かいる。それはあの木工所で戦っていた男だった。「私に嫌がらせするために追ってきたの?」と影に隠れるアロ。

ムミョンは、そこで彼女がマンムンの妹で、アンジの娘だと言うことに初めて気づく。「なんで私が兄のために塗った服をあなたが着ているの!」と言うアロに、アンジは彼のお前の兄だと説明する。

にわかに信じることができないアロだったが、後日、ムミョンが自分が酔っ払っていた時に抱きとめてくれた男だと気づく。ムミョンもアロがあの酔っ払い女だと気がついていた。

そしてある日、気がつくとアロの家の庭にサムメクチョン(オクタガクの変人w)が入ってきた。

マンムンの仇を見つけたムミョンだったが…な、「花郎(ファラン)」2話のあらすじ・感想・ネタバレにつづく

花郎(ファラン)3話を観たみんなの感想
    肩書
    年齢
    性別
    満足度【半角数字】
    感想